ボルダリングのグレードの価値について手前の所感。

自分のグレードとの向き合い方について現状のメモです。

 

前提「自分のMAX値はよくわかんねぇ」

 

①グレードよくわかんねぇ
理由:例えばヒールを使うのが7級だ、というジムやセッターさんもいれば6級からだ~いやいや8級どころか最初から云々…。という齟齬がある。原因としては、ヒールかけようが荷重やテンションがどうなってるかなんて登っている当人にしかわからず、そもそもヒール必須ムーブでない…云々…。

 

②得意系と苦手系がある(らしい

例えばスローパーが好きな人もいるし、距離出すのが得意な人もいる云々…。私は、なんか常に周りが自分より何十歩も先に行っている人ばかりなので、特に得意系もなく苦手なのもない…ただの人。手前のことはさておき、うまく「ハマる」課題って時々ありますよね。

 

③「○級登れたよ!」がなんか意味ねーなー…という感じ。

ジムで、外岩で「よくわかんなかったけど、なんか1級ほとんどオンサイトできたわ!」みたいなのと「1級登れたよ!(3ヶ月かかった」だと、グレードの開きがヤバすぎる。あんまり、意味無い…

(逆にオンサイト率、アテンプト数少ない率が高い人は、やばいつよい)

よって

「自分のMAX値がよくわかんねぇ」ので、

「グレードは呼称として使う、あるいははじめての岩場やジムで目安として使う」

ことを心がけようと思った。

 

次に、自分にとってのグレードの価値を作り方を考え直す。

目安としてグレードを使い、なおかつ価値を見出すように。

 

最近感じてる

・かんたん

・ふつう

・むずい

・やばい

・むり

の5段階の手前の感覚グレードを振り分ける。

 

以下詳細。

・かんたん

一撃できる。3アテンプトぐらいでできる。

・ふつう

数アテンプト~1日でできる。

・むずい

2日~1ヶ月でできる。いわゆる宿題系。ただ1ヶ月はもっと長くなっていくのかもしれない…年単位で段課題うつ方もいらっしゃるみたいだし…。

・やばい

現状手も足もでない(まさに)ただし、なにができないか言語化でき、なおその言語化の解決方法が思いついている課題(おおよそ勘違いかもしれないけど!

・むり

言語化できないやばさ。あるいは言語化できても解決方法がわからない課題。

 

とする。

やはり価値のあるというのは「やばい課題を落とした時」であり、そうなると、むずい~以上に価値があると考える。

心の中で「やべー5級も登れんはー!!」と言い訳だかなんだかわからないことを言うのではなく、きちんと「うーん、この課題はむずい!」と素直に思うようにする。

 

と、いうことをぼんやり思ってから、登れなくても素直に「うーん、登れん!どーすっかなー」と思えるようになってきた。

素直に思えないというのは、たとえば「ジムの課題の質が悪い」とか「苦手系」とかなんらかの言い訳を先にしてしまうことだ。それが最も無意味で、無為な時間の過ごし方だと思う。そうならないように心がけたい。

ただ、これも結局限界グレード追い求めてる形になるのかな~~~?????わかんねぇ~~~!!1年に一回ぐらいはこういうことを考えるようにしたいですね。

 

以下個人のメモ。

具体的に言語化する上にあたって、印象に残っていること

2ヶ月ほど前に、beastmakerのカチのぶらさがるやつがあったのでヘラヘラ触ったら「6mmのカチがもてない!!!」となった。ただ真下にぶら下がるハングオン状態にすらなれない。

10mmは、なんとか懸垂ができた。

8mmは、ぶら下がれたが体があがらなかった。

6mmは、1秒もぶら下がれない。

この2mmの差を数字と言語化できてから、以上に書き記してきたことを思うようになった。

これを体験したことによって、

10mmはわりとさまざまなムーブがおこせる(かもしれない)。

8mmは多少悪い足や、手や向きだとしてムーブをおこせる(かもしれない)。

6mmは足で荷重分散をしないと、保持すら困難であり、ムーブをおこすことも困難である。

ということがわかる。

この6mmが、課題で出てきた時に、もしも少し距離だす課題になったとしたら、私にとっての「むり。グレード」だということがわかる。

8mmも、130度ぐらいの壁になったら、足がなかったら外径した瞬間に保持れなくなる。逆に、足に荷重分散がうまくいけば、保持そのものは全体重を(一応)支えられるので、「やばい。グレード」なのかもしれない。

 

と、こういうことがわかるんじゃないかなー、と思った。

しかし、ホールド一つとっても感覚があって、多岐に渡るムーブやホールド形状を一概に上記の5段階グレードに分けることはできない。いわゆるよくある「一回わかったら、なんか簡単だったわ!!!」現象ふくめ…。

目安の話なので!!!!

結論は

 

「やばい課題登りたい!!!!」です。

10年運動しなかったツケ

20歳ぐらいから、6年ほどひきこもっていた。

よく言う、引きこもりがち、ではなくて本当のひきこもりになってしまっていた。何もする気力もなくただただ寝て過ごす日々。思い出してもツライのでそれはさておき。

その後「マンガでもかくか~」というので少しだけ前向きになれた。そんな心の話はまたまたさておき…。

 

とにかく10年運動をしてこなかったのだ。運動レベルの話ではない。一日の歩数が100歩にも満たない生活…。それを10年。そんな人間でも岩や壁は登れる。楽しい。

 

10年の運動していなかった時間はどうにも埋まらないのが目に見える。最近になって「あれ…俺、めっちゃ体ちぐはぐに動いて登ってねーか?」というのを強く思う。

近くにいる10代の子はすぐに修正が効く。

インドア趣味だとしても通勤程度の運動をしていた太っちょも、私より少ないトライ数で修正する。

最初のころは「俺、運動神経ないな~」という言い訳を手前にしていたが、そもそも10年、ただ、腐った石のように部屋で閉じこもっていれば、適応するのに時間がかかるのはあたりまえだ。

 

それらを修正するのは、こなすこと、マネすること、指摘してもらうこと、だけ…なのに、言われてもうまくできない…悔しい。登れない。悔しい。寝る間際も思い出す。悔しい。

 

それが楽しい。

絵うまくなりたい、と、思った。

f:id:nogatyan:20170915213006p:plain

もしも、この世のアマチュア、プロ含めて絵のうまいランキングをつけたら

(絵のうまいランキングや度合いなんて快不快でしかないので適当ランクだけど)

少なくとも上位40%には絶対入れないと思う。ボリュームゾーンまさにぐらいにしかいないと思う。下手すりゃそれ以下かもしれない。

そんなことないよー。とか言われたい訳ではなくて、認識しているのは

「絶対俺は世界一絵がうまくなることは一生無い。絶対」

ということだ。だからといって、なにか(マンガを)かかなくなる理由にはならないし、悪あがきをするしかない。

 

そんな中練習で、登っている姿をかいている時思っていたのは

「もっと登ってる姿をキレイにかいてあげたい」

「もしも一枚のマンガ絵で、ムーブが見えたるような絵に見えたら…」

ということ…。

 

おれは、世界一絵はうまくなれんけど…世界一登っている絵をうまくかける…人に…なりたい…。なりたい…。なりたい…。なりたいのだ!!!!!!!!

 

 

具体的には上記したように「絵を見ただけで、どういう動き、手順足順でムーブをおこしたか」が当面の目標だと思う。そもそもムーブや壁・岩に対しての肉体の正確性、絵的な崩し、流線や動線、エフェクト…、なんとなく目指すべき地点は見えているので、練習あるのみ…です。

 

それにしても、女体がかけん…、課題は山盛り…。

『強くなりたい』について思う。前提。

f:id:nogatyan:20170908152243j:plain

 

「強くなりたい」と、いう言葉に違和感を感じていた。

強くなりたいと聞くと、え、なにそれお前だれかと戦ってんの…?やだよ…登ったりするのでそんなんめんどい…。とついつい思ってしまう。

 

しかし最近別に「強くなるのもいいな」と思っている。字義の捉え方の差でしかないけれども「(誰かよりも)強くなりたい」ではなく

「(昨日の私よりも)強く(は)なりたい」

ならちょうどいいな、と感じられたからである。と、いうか恐らく人はそのように使っていたのに私が相対的にしか「強さ」みたいなものを捉えることができなかっただけ…という話…。

 

手前がどうして、こんなに相対的にしか強さを捉えられないかなんてのは、気性の話でしかない。指向としての攻撃性や強い言葉、暴力的な短絡思考、それらが根にあるように思う。直そうとは思わないけれども、気をつけようとは思う…。が、いい人になろうとも思わない…。
手前の人格を言及してもしようがないので、ここまで。

意識高い系だな~。

ボルダリングメモ【2年め】

f:id:nogatyan:20170908151025j:plain

 

 2017.5月~6月

知己が「ワシもやる」と言って、一緒に登り始める。デブなのに、ものすごい勢いで成長して2ヶ月で4級とか落としはじめて「え…マジで…」とショックを受ける。3級を本格的に触りつづける。全くできない、が、1ヶ月うちこんで数課題は落とせた。

2017.7月~8月

急に、今まで持てなかったホールドが持てるようになる。PUMP系列における「まあ3級はこんぐらいのカットとか、クリンプ持つよね」みたいなのが「あれ…なんかもてる…?」と感じるようになる。
理由は7月中ずっとうっていたフィンガーっぽいホールド連続の垂壁のおかげかもしれない。3級すべてに「チャンみ」を感じる。

ボルダリングメモ【1年め】

思い出せる限り一応メモっておく。

f:id:nogatyan:20170525172247j:plain

2015.10月頃

ぐらい? 初めて行く。秋パン。登録だけして終わり。えらい筋肉痛になった。面白かったけれども、継続的に行くものということを考えてなかった。

2016.3月中旬頃

特に理由はわからないけれども、多分友人Nが「一度だけなら…」のノリで誘われて、まあ時間もあるし…と、思ってやる。8級も登れない。

2016.4月頭

うーん、これ、オモシロイ!と3週目ぐらいにて、もうマイシューズを買う。

5.10のモカシム。とっても履きやすい。今でさえ、練習用にもう一足欲しい気持ちある。

まだ8級。そもそも両手でぶら下がれない。懸垂できない。腕立てできない腹筋できない。何も出来ない。10年引きこもってたので椅子の座り立ちスクワットとかそういう、リハビリテーション的な筋トレを始める。

2016.5~6月頃

週2で行き始めるものの、夏コミの原稿の編集だったり、なんかちょっと余裕がなくなってくる。確か7級中心。6級もチョロチョロ触ったり、ワンチャン5級がある感じ。

2016.7~9月頃

なんか作業色々してた。ボルも2週間に1回行ってたり行かなかったり…冷静に考えれば行ける時間はあったはずなのに…非常にもったいないタイム。筋力やコツ的なものも忘れて、結局7級から再スタート。

2016.10~12月

コンスタントに週2~3で通う。5級ができるようになったり、懸垂が5回できるようになったりした。

10月の終わりには4級が2本落とせた(動画が残ってた)

ダイエットなどもして、体脂肪10%などにもした。この頃「うーん、この面白さをマンガに落とし込んじゃお~~」で頭が一杯になってた。が、具体的なことは考えず楽しく登ってた。

ただ、細くなっただけなので、一度肉などをたくさん食って2月ぐらいまでゆるい体重増加もしてた。

2017.1月~2月

ボルダリングマンガ「フリクションガール」の同人誌版でもかくか~と思い立って、一気にかく。と、思いきや、調子こいて週2で登りながら余裕っしょwwとか思ってたら締め切りギリギリになって死ぬ。(本当にやばかった)

秋田書店さんに気に入られて、なんか話がいい感じに運ぶ。嬉しい。

5級がちゃんと登れるようになり、4級中心に触るようになる。ワンチャン3級のできそうなのもチラホラ見つかる。

2017.3月~4月

一年が経過する。体つきが変わったといろいろな人から言われる。

なんか、4級めっちゃ触ってた。3級もゆるい級設定なら落とせたりもしてとってもハッピー。

 

 

とくにないけど手記ex

なんか立ち返ってブログを作ってみた。

立ち返って、と思ったが、人生でブログをまともにやったこともないので、適当に作っただけ。どうせ三日坊主で終わる。

***

そもそも、基本的に日々思うことはスケジュール帳兼日記帳にかいているので、なんか見たものや思ったことの長文でかきたいアウトプットでもしようと思う。

***